アメカジに似合う音楽【Soul編9】 | アメカジ古着ファッション販売YUエンタープライズBASE店

2020/02/18 09:00

アメカジに似合う音楽の中でもソウル編。私自身が60~70’sのファッションが好きなこともあり、音楽も自然と同じ年代になってしまいます。中学生のころ、「ベストヒットUSA」という番組があり、この番組のコーナーの「タ~イムマシィ~ン」というコーナーでは、古い名曲をピックアップ。このコーナーが大好きだったのです。では、今回も70年代のアメカジに似合う音楽をご紹介します。


Ooh Child(1970)

「Ooh Child」は、シカゴのソウルグループ「The Five Stairsteps」の代表曲です。オールディーズに詳しい方ならご存じかもしれませんが、プロデューサーは「スタン・ヴィンセント」です。TheFiveStairstepsはジャクソン5と同じく、兄弟姉妹の5人組。カーティスメイフィールドによって才能を見出され、デビューします。この曲以外、あまりぱっとしないのですが、この曲は、Rolling Stone誌のThe 500 Greatest Songs of All Timeの第402位にランクされています。

なにがいいかというと、ジャケ写の良さ。むちゃむちゃカッコイイんです!70’sの良さがこってり詰まったベスト盤がおすすめですね。



Risin' To The Top(1982)

ケニーバーグの代表曲である「Risin 'to the Top」は、1982年発表のアルバム「Changes」に収録されています。TheStairstepsでベースを担当していたバーグですが、解散後は、スライ&ザファミリーストーン、ナタリーコール、ビリープレストン、カーティスメイフィールド、ビルウィザーズ、ダスティスプリングフィールド、ダイアナロス、グラディスナイトなど、さまざまなアーティストのバッグを務めています。

翌年のThe Mary Jane Girlsのブレイクアウトヒット「All Night Long」のベースラインとされているため、複数のアーティストによってサンプリングされていくことになります。




All night long(1983)

リックジェームスの手によってデビューしたMaryJaneGirls。ヒット曲には、このほかに「In My House」や、「Candy Man」などがあります。派手でケバいメイクが印象に残りますが、見た目とは異なり、結構しっとりしたR&BベースのDISCOチューンばかりなんです。やっぱりモータウン系サウンドなんだなぁと感じることでしょう。


最後に

いかがでしたでしょうか。音楽にも歴史あり。いろいろな人たちがつながって、現在の名曲があり、そして新たな名曲が生まれるんでしょうね。70年代から80年代のファッションの変化も劇的です。ジャケ写から、ファッションの変化を見ても興味深いものがあります。


よろしければショップのフォローお願いします。

アメカジライフ 応援します

アメカジに似合う音楽が気になる方はコチラの記事もおすすめ!

アメカジライフにおすすめの音楽!珠玉のFreeSoulをご紹介!
革ジャンやミリタリージャケット、そしてジーンズにワークブーツというファッションが好き…
YUenterprise


アメカジに似合う音楽~渋谷系~
アメカジファッションに限らず、ファッションと音楽と言うのは密接な関係にあると思います。普段アメ…
YUenterprise