アメカジライフに似合う音楽~FreeSoul&Funk編4~ | アメカジ古着ファッション販売YUエンタープライズBASE店

2019/04/11 12:00

始めに

皆さんこんにちは。私はアメカジも大好きですが音楽も大好きです。なるべくアメカジファッションに合う音楽をご紹介しようと思います。革ジャンやミリタリージャケット、そしてジーンズにワークブーツというファッションが好きな方の音楽と言えば、Rockがすぐに頭に思い浮かぶのではないでしょうか。もちろんロックがアメカジに似合わないと言うわけではありません。しかしながらロック以外にもアメカジライフにぴったりな音楽は多数存在します。今回はFreeSoul&Funkというよりクラブミュージックに近い、しかし良い曲をご紹介します。

Nujabes - The Final View

Nujabesは、日本のトラックメイカー。1974年生まれ。2010年2月26日に交通事故で36歳と言う若さで、この世を去ってしまいましたが、彼が作る情緒豊かなトラックは今でも多くのファンを楽しませてくれます。世代が全く同じと言うこともあり、彼の好きな音楽と、彼が作り出す新しいことに感銘を受けました。主にヒップホップのトラックメーカーですが、古いソウルやファンク、ジャズにも造詣が深く、元ネタはユセフラティーフの、スパルタカス愛のテーマ。

Amazonで詳細を見る

Free TEMPO - Rain

freeTEMPOは、DJである半沢武志によるソロユニット。現在は、freeTEMPOでの活動は休止し、半沢武志名義で活動しています。ジャズ、ハウス、ボサノバなどジャンルにとらわれないクラブミュージックを展開。しっとりとした落ち着いた雰囲気の曲が多いのが特徴です。2003年にファーストアルバムを発表。渋谷系ミュージック好きの方に口コミで広まり、人気を博しました。

Amazonで詳細を見る

mabanua - talkin' to you

Mabanua(マバヌア)は、日本が誇る音楽プロデューサーでありながら、ドラム、キーボード、ベース、ギターなどあらゆる楽器をこなせるマルチプレイヤー。ovallのドラマーとしても活躍。2008年にはmabanuaとしてソロプロジェクトスタートしました。

Amazonで詳細を見る

Nulbarich-It's Who We Are

Nulbarich(ナルヴァリッチ)は、2016年に結成されたバンドです。バンド名は、null (0限りなく無の状態)but(しかし)rich(祝福、満たされている)と言う単語をつなげて合わせた造語です。基本的にはJQをリーダーとして構成されていますが、他のメンバーが固定されていません。曲調はロックやファンク、ソウルやAORといったジャンルにこだわらず、幅広く展開しています。

Amazonで詳細を見る

Uyama Hiroto

先述したNujabesと同じく Hydeout Productionsに所属するUyama Hiroto。長らくNujabesのサポートし続けていましたが、彼のソロアルバムは叙情的な世界観をもつアルバムに仕上がっています。FreeSoulという言葉の生みの親でもある橋本徹氏とは長年の付き合いがあり、お互いに音楽のセンスに通じるものがあったようです。JazzともHiphopともSoulともとれ、また全く違う音楽に酔いしれてください。

Amazonで詳細を見る

最後に

いかがでしたでしょうか。今回もちょっとしっとり大人の選曲です。最近は大人の為のクラブイベントも多いので、きっと聴いたことがあるって方もおおいのではないでしょうか。アナタのアメカジライフが今後も更に豊かになりますように。


アメカジに似合う音楽が気になる方はコチラの記事もおすすめ!

アメカジライフにおすすめの音楽!珠玉のFreeSoulをご紹介!
革ジャンやミリタリージャケット、そしてジーンズにワークブーツというファッションが好き…
YUenterprise