オーバーオールの選び方と着こなし方とは!?アメカジコーデおすすめオーバーオール10選! | アメカジ古着ファッション販売YUエンタープライズBASE店

2022/04/15 12:00

アメカジにおすすめのオーバーオール。ですが着こなし方や選び方に不安を感じている方も多いのが事実です。ここではオーバーオールのカッコいい着こなし方や、メンズ・レディースにおすすめのオーバーオールを厳選してご紹介します。

オーバーオールが人気!


アメカジ好きにはもちろんですが、今やメンズ・レディース問わず人気拡大中のオーバーオール。オーバーオールは昔から存在しますが、今改めてアメカジだけでなく、スタイルを問わず注目を集めています。

オーバーオール(OVERALL)とは

19世紀末にはすでにワークウエアとして一般的であったオーバーオール。オーバーオールとは一般的に胸当て(ビブ)がつき、肩紐で吊って着用する作業服をいいます。

リーバイスは胸当てのないいわゆるジーンズをオーバーオールとして販売しましたが、これとは別。全身のツナギもオーバーオールといいますが、これとも異なります。

胸当て部分にはペン入れ、腰回りにはハンマーループやスケールポケットがついているなど、作業服としてのデティールを今でも残しています。

オーバーオールの選び方


オーバーオールの選び方ですが、大切なポイントは2つ。ここでは自分にあったオーバーオールを選ぶためのポイントについて解説します。

オーバーオールのサイズ選び

オーバーオールの着こなしのポイントは、サイズ選びです。オーバーオールのサイズもジーンズと同じく、インチ表示で販売しているものがほとんどです。基本はジャストサイズで選ぶことです。

オーバーオールは、お尻周りや腿周りがややゆったりめで作られています。ジャストサイズでも下半身がゆったりとしたシルエットになります。

オーバーサイズもあり!

大きめのオーバーオールでダボっとしたルーズな雰囲気を出したい!というあなたは、ジャストサイズよりも、1サイズもしくは2サイズほどアップしたものを着てみましょう。あまり大きすぎない1~2サイズアップした方がゆったりとし、コーディネートも上手にまとまります。

オーバーオールの生地選び

オーバーオールに使われている生地には、デニムやダック地、ヒッコリーなどがあります。どの生地にも共通して言えるのは、丈夫な生地であること。それぞれ、経年変化が異なり、違った表情を魅せてくれるのもオーバーオールの魅力です。オーバーオールをコーディネートに取り入れる際には、色だけなく生地にもこだわってみましょう。

オーバーオールの着こなし方

オーバーオールの着こなし方のポイントは2つ。この2つのポイントを抑えることで、誰でもカッコよくオーバーオールを着こなせます。ここではオーバーオールの着こなし術に関して解説します。

オーバーオールはロールアップがおすすめ


オーバーオールの裾はロールアップがおすすめです。ワークパンツらしく5㎝程度ロールアップしましょう。ロールアップはシングル、ダブルがありますが、どちらもオーバーオールにぴったりです。

オーバーオールは肩ひもの長さが決め手

オーバーオールの着こなしで悩むのが、サスペンダーの位置。高すぎず低すぎずの位置に悩みます。サスペンダーの位置が絶妙なオーバーオールコーディネート例です。脇下を基準にしてオーバーオールの前掛け部分が、プラスマイナス3㎝程度の位置になるようにしましょう。

つづきはこちらからどうぞ