2020/07/28 11:59

アメカジ好きに人気のWABASH(ウォバッシュ)。独特のストライプ柄がおしゃれ心をくすぐります。今回はウォバッシュの魅力、着こなし方、おすすめウォバッシュワークパンツをご紹介します。

WABASH(ウォバッシュ)とは

20世紀初頭からワークアイテムとして知られているウォバッシュ。ウォバッシュとは、インディゴ生地に色を抜いて染める『抜染手法』と言う手間のかかる作業で行われていました。インディゴブルーに白のドットのストライプは見た目にも美しく、一説にはアメリカのインディアナ州にあるウォバッシュ川の、川の流れをイメージして作られたと言われています。ウォバッシュストライプと呼ばれる生地は、今は存在しないシュティーフェル社が最初に開発したと言われています。しかしながら大量生産には向いておらず、70年代以降は姿を消す幻の生地としても有名です。そのためヴィンテージのウォバッシュストライプを使ったシャツやボトムス、カバーオール等は高値で取引されています。

ウォバッシュの魅力


人気の秘密は抜染手法によるため、ドットの一つ一つが微妙に異なっていたり、またインディゴブルーで染めているため、ジーンズと同じように経年変化、色落ちが楽しめます。ウォバッシュストライプの、きれいなストライプの中にある素朴感も魅力の1つです。現在ではたくさんのジーンズメーカーがウォバッシュストライプの商品を展開しています。

ウォバッシュストライプパンツの着こなし方

ウォバッシュストライプ生地を使ったボトムスは、基本的にワークウェアです。基本的にほかのアメカジアイテムと同様の着こなしでOK!ここからはウォバッシュパンツの着こなし例をご紹介します。

ウォバッシュストライプパンツの着こなし例:1

ダンガリーシャツや、シャンブレーシャツとウォバッシュパンツの組み合わせは鉄板。足元はやはりワークブーツがしっくりきます。ウォバッシュパンツは、ジーンズと同様のアイテムと組み合わせることが出来るので、着回し力が高いアイテムです。サスペンダーもいい味を醸し出しています。

ウォバッシュストライプパンツの着こなし例:2

上下ウォバッシュの着こなし例。ワークベスト、バンダナがコーディネートのアクセントになっています。ワークウェアとはいえ、落ち着いた大人の雰囲気が出せるのも、ウォバッシュの魅力です。

STRONG HOLD(ストロングホールド)ダブルニー・ペインターワークパンツ



「STRONG HOLD(ストロングホールド)」より、1895年にLAで設立された最古のワークブランドであるブランドのルーツをシンプルに表現したダブルニー・ぺインターワークパンツのご紹介!

コチラのモデルは無骨でオーセンティックなワークパンツらしいワイドシルエットのぺインターパンツ。ウエストから裾にかけてジーンズの原型でもあるウエストオーバーオールを感じさせる太めで股上の深いシルエットが特徴です。擦れや伸び等による負荷が掛かりやすい両膝部分に対して、本体と同生地を2枚重ねにした耐久性の高い本格派なダブルニー仕様で、その当て布がフロントポケットにも兼ね備えられるなど工夫が凝らされています。

ディテール面では、ハンマーループやスパナポケットといった機能性と無骨さを両立するワークパンツの特徴をしっかりと踏襲し、バックには当時のような大きめなシンチバックパーツも採用。前立て部分もオリジナルのチェンジボタンを使ったボタンフライでクラシカルさを引き立てます。その他にも無骨な太番手のダック生地のウエストネームパッチ、ポケット口にワークウェアブランドらしいアイコンのフェルトワッペンを刺繍。また、負荷の掛かるポケット淵などにはリベットを配置し、随所に見られる赤色のカン止めが補強だけでなくアクセントにもなっています。 サイズはゆったりとしたリラックスシルエットです。



WABASHが気になる方はこちらの記事もおすすめ!

お求め安い価格でアメカジ初心者に人気!【ウォバッシュハンティングキャップ】
アメカジファッションの定番である「ワークスタイル」。ベストをコーデに加えると、だれでもおしゃれ度がアップします。今回はアメカジファッションにぴったりなウォバッシュベストをご紹介します。
YUenterprise


キレイ目アメカジファッション「アメトラ」に挑戦しよう!
女性からはあまり人気のないアメカジファッション。ワークスタイルやミリタリージャケットは、男性ウケが良いものの、女性ウケが良くない・・・。そんな時は、アメカジファッションの中でも、キレイ目なスタイルである「アメトラ」スタイルにしましょう。ここではアメトラスタイルについてご紹介します。
YUenterprise