マニアックなデニムブランド「MAVERICK(マーベリック)」!ヴィンテージデニムのご紹介! | アメカジ古着ファッション販売YUエンタープライズBASE店

2020/01/14 14:39

アメカジ好きなら、1度はヴィンテージアイテムをゲットしたいと思うのは当然です。しかしヴィンテージモノは高額で、なかなか手が出せません。今回ご紹介するのはマーベリックのデニムジャケット。70年代のセルビッチデニムを使用したヴィンテージジャケットです。

▼ MAVERICK(マーベリック)とは

マーベリックは、ブルーベルのラインである「Wrangler(ラングラー)」の姉妹ブランドとして、1960年代に創業したとされています。ラングラーと同じく、ウエスタンな雰囲気を持つデニムや、ダンガリーが多いのも特徴です。ラングラーのステッチが「W」なのに対し、マーベリックは「M」。現在では、ヴィンテージ市場でもあまり見ることのなくなったブランドです。だからこそ、通好みのアイテムとして注目。着ている人が少ないので、周りの人と被らないというのも魅力的です。

▼ マーベリックデニムジャケットのディテール紹介

ラングラー124MJのマーベリック版にあたる3J03MJ。14OZの左綾デニムは、リーバイスとは違った肌触りが楽しめます。左右の胸ポケットにある「M」のステッチがラングラーとは大きく異なる点です。着丈は短め。サイズ表記は「40」ですが、縮んでおり、日本人サイズでM~Lサイズ程度になっています。

マーベリックのブランドタグが、ポケットとヨークの間につきます。ラングラー同様に、フラップのペン差しは年代的に切り込み仕様になっています。
袖口とフラップの合計四か所のみがスナップボタンを採用。また縫い付けの補強部分は、リベットを使わずバータック処理になっているのも、このジャケットの特徴です。

タグから年代がある程度判別可能です。マーベリックの通称「黒タグ」は、ブルーベルのマークの下に大きな「M」が特徴です。その下にMAVERICK、そしてMADEINUSAが入ります。これは主に70年代のマーベリックに多く見られるタグです。そのためこのデニムジャケットも70年代と思われます。

コーンミルズのデニムを使用していたと知られるラングラー、マーベリック。リーバイスでは赤ミミが有名ですね。ラングラー、マーベリックではミミ種類が豊富です。グリーン、ブルー、ホワイト、そしてゴールドと幾つかあるようです。しかしながらデニム生地に関する情報も少なく、その違いの意味合いはハッキリしていません。

チェーンステッチで上下を縫い止めています。たまに内側の縫製ラインが、端に沿って外れているのがヴィンテージの特徴だったり。ボタン裏の刻印もなにかを意味しているのでしょうが、よく分かりません。

ハンドウォーマーポケット内部もチェーンステッチ。50年代の頃の主流だった縫製も、まだこの年代には見られる特徴です。ラングラーとマーベリックは要所にチェーンステッチを多く使っています。

▼マーベリックデニムジャケットの着こなし方

アメカジアイテムなら、大抵のものとあわせることができます。ここではマーベリックの着こなし例をご紹介します。

着こなし・コーデ例①

ボトムスにチノパン、インナーにウォバッシュシャツをあわせた着こなし例です。インディゴとカーキの組み合わせは王道ですね。ヴィンテージジャケットとはいえ、きれいな色落ちなので、清潔感も。着丈が短いので、シャツはタックインしたほうがかっこいいですよ。
着こなし・コーデ例②
アメカジ定番のデニムオンデニム。インナーも定番のネルシャツをあわせ、大人っぽくワークベストもあわせてみました。首元にバンダナを取り入れてもかっこいいと思います。ぜひ参考にしてください。

▼ 最後に

いかがでしたでしょうか。レプリカもいいですが、やっぱり40数年前とはいえヴィンテージの風格を感じさせるデニムジャケットです。この機会にぜひ、あなたのコーデに加えてくださいね!

                        

MAVERICK(マーベリック) 70’sデニムジャケット(40)RankB
アメカジ古着通販YUエンタープライズ

よろしければショップのフォローお願いします。

アメカジライフ 応援します