2019/08/08 13:59

初めに

誰でも1着は持っているんじゃないかというほど、夏のコーデの定番アイテム「半袖チェックシャツ」。 「あまり着こなしに自信がないなぁ」 「最近体型も変わってきたし」 「だけど着ているとオタクっぽいと思われそう」 などなど。せっかく持っていてもコーデに取り入れることに敬遠しがちではありませんか? しかしチェックシャツは、ちゃんと着こなせば、程よいカジュアル感がおしゃれに見える万能アイテムなのです。 着こなしに自信がない方でも、記事を最後まで読んでいただけば、きっと半袖チェックシャツの着こなしに自信がつきますよ。

チェックの種類

一口に「チェック柄」といっても実は様々な種類があります。ここではチェック柄の種類をご紹介します。

ギンガムチェック

ギンガム・チェックとは、主に地色が白等の薄い色に、格子色は一色で構成され、縦横とも同じ太さの縞模様でできたシンプルな定番格子柄。

ブロックチェック

市松模様、碁盤縞(じま)のこと。黒白など2色で上下・左右に並んだ方形を交互に染め分けたもの。

マドラスチェック

マドラスチェック(Madras check)は、インドの南西部マドラス(現在のチェンナイ)あるいはその周辺地域の織物によく使用される格子柄。細い綿糸を用いた多色で大柄な格子縞。天然の染料によるにじんだ色模様が特徴。

タータンチェック

タータン・チェックとは、スコットランドの高原地方(ハイランド地方)で、クラン(氏族)、民族ごとに定められた縦横の縞割が均等になっている多色使いの格子柄

半袖チェックシャツの魅力

半袖チェックシャツはコーデにアクセントをつけたい、程よいカジュアル感を出したいときにぴったりです。ほかにも半袖チェックシャツの魅力が沢山。ここでは半袖チェックシャツの魅力をご紹介します。

程よいカジュアル感

襟付きのチェックシャツは、カジュアルになりすぎないのでビジネスシーンでもよく見かけます。特にボタンダウンであればぴったりです。ある程度年齢を重ねると若いころのように、カジュアルすぎるファッションは難しいですよね。だからこそ半袖チェックシャツが活躍するのです。

夏のコーデの主役級

半袖チェックシャツは、夏場の着こなしの主役級です。なぜなら薄着になる夏場のコーデの中で、目立つ存在になるからです。逆に言えばチェックシャツを上手にコーデに取り入れると、それだけでおしゃれに見える、便利なアイテムなんです。

誰でも無難に着こなせる

以外に思われるかもしれませんが、チェック柄はだれでも無難に着こなせるのです。しかも着こなし方も全く難しくはありません。では着こなし方のルールをご紹介しましょう。

チェックシャツの着こなし方

キレイ目感の出るジャストサイズ

どの着こなしでも言えることですが、半袖チェックシャツもちょうどよいサイズをしっかり選ぶようにしましょう。 ちょうどよいサイズは、袖丈が肘より指3分の位置に、肩に袖部分の縫い目のラインがぴったり沿うサイズです。 ジャストサイズの半袖チェックシャツは、ビジネスシーンやキレイ目カジュアルなど、あらゆるシーンで着用できる着回し力の高さが魅力です。 裾部をボトムスに入れるタックインスタイルも様になります。

リラックス感のあるゆったりサイズ

休日やリゾート地、キャンプなどのアウトドアでは、リラックスした着こなしが似合いますよね。 そんな時に着るチェックシャツを選ぶなら少し大きめのゆったりしたサイズがおすすめです。 袖丈が肘より指1~2本分の位置がリラックススタイルのサイズ感。半袖チェックシャツは少し大きめに作られている場合があります。 通販で購入する場合は袖丈にも注意してみてくださいね。 シャツの裾をボトムスの内側に入れない、タックアウトで着こなしましょう。

ボタンの留め方で印象が変わる

image4.jpg

1つは一番上のボタンだけ留めずに、そのほかのボタンを留めて着こなしているスタンダードなスタイル。ビジネスシーンやキレイ目カジュアルなど、シーンと問わないボタンの留め方です。私ほどのメタボ体型だと、ちょっぴりお腹周りが目立ちます。

image2.jpg 

もう1つはすべてのボタンを留めずに着こなすワイルドスタイル。男らしさが印象的な着こなしになります。最近ちょっとお腹が気になる方にもおすすめの着こなし方です。オヤジ体型の方におすすめの着こなし方です。

image5.jpg

最後はボタン全部を留める優等生スタイル。インテリジェンスを感じさせる着こなし方で、ジャストサイズの半袖チェックシャツを合わせましょう。私のようなメタボ体型の方より、やせ型の方におすすめですね。この3つの着こなし方が定番です。TPOに合わせて着こなし方を変えてみましょう。同じ半袖チェックシャツでも、ガラッと印象が変わりますよ。

ボトムスを決めてから柄を選ぶ

半袖チェックシャツコーデをうまくまとめるコツは、まずボトムスから選ぶこと。万能アイテムのチェックシャツですが、やはり相性の良し悪しがあります。それはチェックパンツ、ストライプパンツなど柄つきのボトムスです。トップストボトムス、両方柄ものであわせるのはおしゃれ上級者になってから。チェックシャツを無難に着こなすなら、ボトムスは無地のジーンズやチノなどを選びましょう。

半袖チェックシャツの着こなし例①

夏のアメカジ定番スタイルです。シンプルな着こなしですが、注目すべき点はサイズ感。大きすぎず、小さすぎずがポイントです。もしサイズ感があわなければ、これほど自然に着こなせないでしょう。こなれ感もおしゃれの重要なポイントです。ぜひあなたも夏のアメカジ定番スタイルに挑戦してくださいね。

半袖チェックシャツの着こなし例②

リジッドデニムとチェックシャツの着こなし例です。こちらもアメカジスタイルらしい着こなし。ブロックチェックのシャツはしわ加工が施されていますが、ボトムスがコーデの印象をかなり引き締めているので、カジュアル過ぎない印象に。

半袖チェックシャツの着こなし例③

参照元RedwingJapan

ホワイトパンツと半袖チェックシャツの着こなし例です。赤と白のギンガムチェックが印象的な着こなしになっています。足元をブーツにすることにより、さらに大人らしさが強調され洗練された着こなしに。最近ホワイトジーンズをあまり見かけませんが、こういうサラリとした着こなしができるオヤジになりたいですね。

最後に

image3.jpg

いかがでしたでしょうか。チェックシャツの着こなしはちょっと難しいと思われているかもしれませんが、基本的なサイズ感を間違えなければ、どんな方でもおしゃれに見える万能アイテムです。まずは自分のジーンズとあわせて、夏のアメカジファッションを楽しんでみてくださいね。

よろしければショップのフォローお願いします。

アメカジライフ 応援します