【今シーズンもウォバッシュデニムで楽しもう!】 | アメカジ古着ファッション販売YUエンタープライズBASE店

2020/09/13 12:00

今シーズンもウォバッシュデニムで楽しもう!


アメカジ初心者にこそオススメしたいウォバッシュ2点!

アメカジ初心者におすすめのウォバッシュストライプ生地を使ったアイテム2点!ウォバッシュストライプの持つ魅力と、歴史、着こなし方までたっぷりとご紹介します。

ウォバッシュストライプとは?


20世紀初頭からワークアイテムとして知られているウォバッシュ。ウォバッシュとは、インディゴ生地に色を抜いて染める『抜染手法』と言う手間のかかる作業で行われていました。インディゴブルーに白のドットのストライプは見た目にも美しく、一説にはアメリカのインディアナ州にあるウォバッシュ川の、川の流れをイメージして作られたと言われています。


ウォバッシュストライプと呼ばれる生地は、今は存在しないシュティーフェル社が最初に開発したと言われています。しかしながら大量生産には向いておらず、70年代以降は姿を消す幻の生地としても有名です。そのためヴィンテージのウォバッシュストライプを使ったシャツやボトムス、カバーオール等は高値で取引されています。

人気のウォバッシュストライプ

The Denim Industry

人気の秘密は抜染手法によるため、ドットの一つ一つが微妙に異なっていたり、またインディゴブルーで染めているため、ジーンズと同じように経年変化、色落ちが楽しめます。ウォバッシュストライプの、きれいなストライプの中にある素朴感も魅力の1つです。現在ではたくさんのジーンズメーカーがウォバッシュストライプの商品を展開しています。

初心者でも着こなしやすいウォバッシュストライプ

古き良き時代のデティールをふんだんに盛り込んだ、ストライプ柄のワークパンツです。フロントはボタンフライ。月桂樹ボタンに、ユニオンチケット、シンチバックなどのデティールはヴィンテージ好きにはたまりません。シルエットは細身のストレート。アメカジ好きにぴったりなワークパンツです。

【着用コメント】 普段30インチを履いていますが、Sサイズでジャスト。リーバイス501よりも細身のストレートです。サスペンダーが最初から付属しているのもいいですね。生地はおそらく10oz程度なので、夏場でも活躍するワークパンツですね。

有名ジーンズブランドとの違い。


有名ジーンズブランドと比較して生地の薄さや、使用しているボタン、縫製の際のステッチに使用する糸の番数等々、やはりランクは落ちます。価格面では有名なジーンズブランドと比較して、半額以下~3分の1程度の価格です。アメカジ初心者もしくはこれからアメカジファッションを始めようと言うあなたにオススメです。

個性的なウォバッシュストライプのハンチング


こちらのウォバッシュストライプを使ったキャップは、ハンティングともキャスケットとも取れる、ちょうど中間のかわいい形が特徴です。厚手で丈夫な生地を使用していますので、毎日ガンガン使っていただけるアイテムです。こちらのウォバッシュバッシュストライプももちろん、経年変化・色落ちが楽しめる逸品です。


有名メーカーの価格のおよそ3分の1程度で手に入る、ウォバッシュストライプのハンティングキャップです。キャップの背面はゴム付きでしっかりと頭にフィットします。アメカジファッションにぴったりで、お求めやすい価格のウォバッシュストライプ生地のハンティングキャップ。ジーンズやチノパンなどのアメカジ定番アイテムとの相性もバッチリ!


デニムジャケットやパーカーなどと合わせても雰囲気が良く、使い勝手の良いアイテムです。帽子好きな方にももちろんですが、今日のコーディネートにちょっとしたアクセントが欲しいと言うあなたにおすすめしてます。



最後に

いかがでしたか?どちらもお求め安く、気兼ねなく使えるアメカジファッション定番のアイテムです。

アメカジ初心者もしくはこれからアメカジファッションを始めようという方に、ぜひお求めやすいこちらのウォバッシュストライプ生地を使ったシャツとキャップでアメカジファッションを楽しんでくださいね!