2019/10/24 18:00

手軽に羽織ることが出来る、ダウンベスト。ダウンベストはなんとなく使い勝手が悪そうと思っていませんか?実はダウンベストほど便利なアイテムはないんです。街のおしゃれさん達は賢く、上手にコーデに取り入れています。ここではダウンベストの魅力と、シーズンごとの賢い着こなし例をご紹介します。

ダウンベストの魅力


ダウンベストの魅力は手軽に羽織るライトアウターな点です。例えば、ちょっとそこまで近所のスーパーマーケットや、コンビニ行きつけのカフェなどに繰り出す時。そんなシチュエーションにおいてはさくっと羽織れるダウンベストが便利です。こういう時はシンプルなダウンベストをチョイス。単色の無駄な主張をしないシンプルなデザインがおすすめです。羽織るだけでおしゃれに見えるのが、ダウンベストの使い勝手の良さです。

ライトアウターの上に羽織れ!

レザージャケットやデニムジャケットの上に羽織る、そんなことも可能なのが、ダウンベストの魅力です。アウターとダウンベストの色味を変えると、着こなしにアクセントを付けたいときにとっても重宝。スポーツ&アウトドアテイストのダウンベストは流行に左右されることなく、どんなインナーとも合わせやすいので多彩な着こなしが楽しめます。ダウンベストは「スタイリングの幅」が広がるのです。

長いシーズン使えるダウンベスト

ダウンジャケットとは違い、実はダウンベストは秋から春先までと、使えるシーズンが長いんです。それはダウンジャケットなどの他のアウターと異なり、袖がない為レイアードが簡単だから。レイアード(重ね着)によって温度調整が簡単に出来るからです。住んでいる地域にもよりますが、9月の終わりから4月の初めまでと、ほぼ半年間に渡って活躍しますよ。
コーデの幅や使用できるシーズンも長い便利なアイテムであるダウンベスト。賢く使えばこれほど重宝するアイテムは類を見ません。では実際にどんな着こなし方が「賢い着こなし」なのでしょうか?それはシーズンごとに上手くコーデに取り入れること。ここからはシーズンごとの着こなし方をご紹介します。

ダウンベストの賢い着こなし【秋】

長袖1枚や薄手のジャケットで過ごせる9月の終わりから10月。この時期は朝晩の気温差に体が慣れておらず、体調も崩しやすい時期です。おしゃれそして快適に過ごすなら、カットソーやシャツなどの薄手のトップスと重ね着した、軽快な着こなしがポイントです。

ダウンベストの賢い着こなし【晩秋】

アウターが必須になる11月から12月に関してはインナーにニットや厚手のスウェット、デニムジャケットなどのライトアウターと合わせて着こなすのが賢い着こなし術です。ライトアウターとダウンベストの色味を変えるとコーデのアクセントに!コーデが重くなりがちなシーズンに軽さを取り入れたい時、ダウンベストはぴったりなアイテムになりますよ。

ダウンベストの賢い着こなし【冬】

真冬にダウンベストを着こなす場合は、インナーが重要。暖かいワッフルTシャツにフランネルシャツなど保温性が高いアイテムをチョイス。その上にダウンベストを羽織れば真冬でも暖かく過ごせ、季節感のあるアメカジコーデに。また真冬の1月から3月の初めになってくるとインナーにレザージャケット、もしくはダウンベストをインナーにアウターをコートやマウンテンパーカなどにして防寒性をアップしましょう!

ダウンベストの賢い着こなし【春】

秋と同じく春先の寒暖が激しい季節こそ、ダウンベストの出番です。気温に応じてシャツカットソーや厚手のスウェットやニットにレイアードして着こなしましょう。春らしく明るめのカラーリングのインナーを合わせて季節感を演出しましょう。秋冬おなじダウンベストを使うならリバーシブルダウンベストがおすすめ!これなら、1着で2通りの着こなしができるので重宝しますよ。

おすすめダウンベスト!



ダウンベストは使い勝手のよいアイテムです。どんなボトムスにもあわせることができ、オンオフ問わず使える点も魅力。モコモコしているのに動きやすく、タウンユースからアウトドアまで活躍の場の広さも魅力です。さらにリバーシブルなら1着で、2着分のお得さも味わえます。ぜひあなたも今シーズンは、ダウンベストを使ったコーデを楽しんでくださいね!

よろしければショップのフォローお願いします。

アメカジライフ 応援します