2017/09/11 18:42

 

 

私の住む山口県はまだまだ、残暑が厳しい毎日です。

それでも朝晩はめっきり涼しくなり、流石に半袖Tシャツ、夏物では肌寒くなっています。

夜もずいぶん長くなり、近づく秋の訪れを肌で感じている毎日です。

今回は「BLUEWAY ブーツカットデニム」のご紹介です。

ブーツカットが似合う良い季節になってきました。

通常のブルーデニムではありません。

しかしながら、濃淡のグラデーションは見事の一言です。

ヒゲ部分や膝、お尻から放射線状に広がる色落ちも素晴らしい。

バックポケットのフラップや、大きめリベット。ぶっといベルトループに赤糸を使用したボタンホールなど

個性的なデザインが随所にちりばめられていますが、そんなに違和感が無いのは

デザインが上手くまとまっているからでしょう。

見た目だけでなく、動きやすい設計、デザインで

タイトシルエットにありがちな屈みにくさを、腿、膝部にプリーツをつけることで軽減しています。

だから、ぴたっとシルエットだけれど動きやすい。

膝から裾にかけての緩やかなフレアはブーツを履くとき脱ぐときも楽チンで

しかも脚長効果もあり、とてもキレイな脚線美。

一見あわせづらそうな、この色合いも実はとってもあわせやすい!

ダンガリーやシャンブレー、デニムシャツは普通インディゴです。

それにジーンズを合わせると、同系色ばかりになりがち。

デニムオンデニムコーデのインディゴ×インディゴもいいですが

たまには沢山の色使いをしたコーデでアメカジ古着ファッションを楽しみましょう!

その点、このジーンズなら、トップスにデニムシャツやダンガリーシャツ等のインディゴとの色合いの相性はGood!

アナタのお気に入りのデニムシャツ、そしてブーツとあわせて普段と一味違ったアメカジコーデをお楽しみください

 

コーデ例)

■BLUE WAYについて

すべて日本製にこだわる「モダン・ビンテージ」をコンセプトとした、国内ブランド。

手作業での職人による加工、手間のかかる繊製技術を自社工場で生産。

高感度でセンスの良い物を探している人に向けて発信するブランドです。